top of page

Fri, 22 Sept

|

公園通りクラシックス

【公演中止/concert cancelled】私の城〜Mein Schloss〜

ダンス作品「私の城」のための齋藤徹音楽集

チケットは販売されていません
他のイベントを見る
【公演中止/concert cancelled】私の城〜Mein Schloss〜
【公演中止/concert cancelled】私の城〜Mein Schloss〜

日時・場所

22 Sept 2023, 7:30 pm – 9:30 pm

公園通りクラシックス, 日本、〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19−5 東京山手教会 B1F

詳細

【メンバーの体調不良により、こちらの公演はキャンセルとなりました】

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。ご理解のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

齋藤徹さんのダンス音楽を演奏するライヴです!

少しアレンジも加えてお届けする予定です。昨年はドイツと日本のダンサーと一緒に公演を行いましたが、今度は曲を掘り下げて徹さんの音世界を繰り広げる音楽のみの公演になります。

出演:Mein Schloss 日本公演音楽チーム

喜多直毅(ヴァイオリン)

熊坂路得子(アコーディオン)

マクイーン時田深山(箏)

田辺和弘(コントラバス)

作曲:齋藤徹

内容:ダンス作品『Mein Schloss』に用いられた楽曲(齋藤徹)の演奏

日時:2023年9月22日(金) 19:00開場/19:30開演

会場:公園通りクラシックス(渋谷)

http://koendoriclassics.com

〒150-0042東京都渋谷区宇田川町19-5

東京山手教会B1F

03-6310-8871

※JR・東京メトロ・東急線・京王井の頭線渋谷駅下車徒歩8分

料金:予約¥4,000 / 当日¥4,500

【ご予約について】

・メールでのお申し込み:violin@nkita.net(喜多)までお願い致します。

メールタイトルは「9/22予約」、メール本文に「代表者氏名、人数、連絡先電話番号」を必ずご記入の上、お申し込みください。

・小学生以下のお子様はご入場頂けない場合がございます。

【ダンス公演『Mein Schloss 私の城』について】

2016年から2022年まで4回に亘りドイツ・プッパタール市を中心に開催された『Mein Schloss 私の城』ダンス公演。

この作品はピナ・バウシュ舞踊団の元ソリストであるJean Sasportesによる振付と演出、並びに彼の盟友とも呼ぶべき故・齋藤徹(コントラバス奏者・作曲家)による音楽を軸に作られた。演奏は齋藤の他、喜多直毅(ヴァイオリン)、Ute Voelker(アコーディオン)、Wolfgang Schäfer(トランペット・ユーフォニウム)によって行われた。創作は“自閉症の内面世界と身体性”を元にしており、ドイツでの公演ではダンス関係者はもとより、自閉症当事者、家族、研究者からも高い評価を得た。ドイツでは先述のブッパタール公演のほか、ベルリン、ケルン、ボン等での公演を成功させ、2022年にはSasportes悲願の東京公演も行われたが、音楽監督の齋藤徹が2019年に逝去したことにともない、音楽は特別に編成された日本チームによって演奏された。(敬称略)

【本公演について】

東京公演の演奏チームが故・齋藤徹によって遺された『Mein Schloss ~私の城~』の音楽作品を演奏する。東京公演を含むこれまでの公演では楽曲はダンスの尺(時間的長さ)に合わせて演奏されたが、今回は音楽の持つナチュラルな時間軸に従い演奏を行う。また各シーンの振付の意味に囚われ過ぎず、主題を素材的に扱い自由な編曲部分や即興を取り入れる。齋藤に対するリスペクトと共に、“今・ここ”にしかない我々の音楽を創る試みである。

【プロフィール】

◉齋藤徹(作曲 1955-2019)

ダンス、舞踏、演劇、美術、映像、詩、書、邦楽、雅楽、能楽、西洋クラシック音楽、現代音楽、タンゴ、ジャズ、即興音楽、アジアのシャーマニズムなど、様々なジャンルと積極的に交流。アジアとヨーロッパを繋ぐ「ユーラシアン・エコーズ」「オンバク・ヒタム」、ダンスシアター「私の城」などの作曲・演奏、ワークショップを行う。自主レーベルTravessia主宰。 http://travessiart.com

◉喜多直毅(ヴァイオリン)

1972年岩手県出身。国立音楽大学卒業後、英国にて作編曲を、アルゼンチンにてタンゴ奏法を学ぶ。現在は即興演奏やオリジナル楽曲を中心とした演奏活動を行っている。タンゴに即興演奏や現代音楽の要素を取り入れた“喜多直毅クアルテット”の音楽は、その独創性と精神性において高く評価されている。他に故・齋藤徹、翠川敬基、黒田京子など、国内を代表する即興演奏家との演奏と録音、また邦楽・韓国伝統音楽奏者・ダンサーとの共演も数多い。欧州での演奏も頻繁に行なっている。(敬称略)

◉マクイーン時田深山(箏)

即興、現代音楽、オリジナル曲を中心に活動するオーストラリア出身の箏奏者。伝統に基づきながら人が面白い、聴きたいと思える音楽に箏を取り入れる考えで独自の音楽を目指す。日本国内に加え、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアなどで活動。2019年にACCグランティとしてニューヨークに滞在し、現代音楽と即興に関わる。2020年に欧、米、豪、日本の作曲家の作品を収録したソロアルバム"SONOBE"をリリース。

◉熊坂路得子(アコーディオン)

埼玉県さいたま市(旧浦和市)生まれ。6歳よりピアノをはじめ、師の演奏に魅せられ、18歳でアコーディオンと出会った。女子美術大学短期大学部在学中、学校行事や個展等で演奏を始める。現在ではソロ演奏から、ジャンルを超えて様々なミュージシャン、画家、俳優、詩人等とのセッションを展開。映画やCM、芝居、舞台の音楽に携わり、精力的に演奏活動を続けている。 https://acco.rutsuko.site/

◉田辺和弘(コントラバス)

クラシック、アルゼンチンタンゴ、即興演奏などで活動するベーシスト。東京藝術大学在学中からタンゴと出会い、日本はもとよりアルゼンチンの若手からタンゴ全盛時代のミュージシャンとも多く共演している。故齋藤徹氏と出会い共演をきっかけに様々なジャンルでも即興的なアプローチを試みている。喜多直毅クアルテットやベーストリオThe Bass Collectiveの他、国内の様々なタンゴバンドに継続的に参加しつつ、ジャンルに関係なくその音楽自体の持つエネルギーを表現するべく模索、活動している。

ソーシャルシェア

bottom of page